どこに聞いていいかわからないとき、行政書士にきいてみる

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。さて、全5回でお届けしている「経審を行政書士に依頼する意味」ですが、いよいよ最終回です。最後は経審そのものというよりもその先のお話。第4回目までは文末にリンクも載せてありますので、併せてお読みいただければ幸いです。

行政書士には、ヘルプデスク的な一面もあります

毎年経審を受けている業者さんもいれば、初めて経審を受ける業者さんもいます。また、経審は受けていたけど、公共工事を初めて受注したという業者さんもいるでしょう。入札に参加する、公共工事を受注すつことで、今まで顕在化していなかった悩みや不安が出てきます。例えば、電子入札のパソコンの設定がわからない、受注したはいいけど書類のことがわからない、施工体制台帳ってなに?建退共ってなに?などなど、今までは、そもそもわからないことがわかってなかった(無意識かつ不知)けど、わからないことがわかるようになる(意識的かつ不知)わけです。さらには、下請業者の管理をどうするかとか、工事請負契約書の作成や見直しをしたいとか、法令遵守の体制整備とか、誰に聞いていいのかわからない、ということが結構あります。

そんなときこそ経審を依頼した行政書士の出番です。わかるものは即答してくれますし、わからないものでも行政に確認してくれるかもしれません。また、「それは税理士さんに確認してみてください」とか、「一般的には社労士さんの書類の中にあるはずです」とか、なにがしかのヒントをくれるはずです。

こうした一種のヘルプデスク機能。これも経審を行政書士に依頼することの1つのメリットと言えます。僕の場合、電子入札用のパソコンの設定は結構な数やっているので、かなり得意ですw

そんなの行政書士の仕事じゃないと言われてしまえば、そのとおりかもしれません。しかし、僕は行政書士としてこの記事でも書きましたが、「建設業者の1番の相談相手は”行政書士”であるという新しいスタンダードを確立していきます!

こちらも併せてお読みいただけると、営業トークに使えるかもです。

第1回 行政書士が売っているものは、リスクの軽減である

第2回 行政書士=業法に関係する知識や情報の自動アップデート機能

第3回 経審の点数、申請前にシミュレーションしてますか?

第4回 行政書士は、戦略的に経審を受けるための参謀なんです

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る