士業のサービスは“かたち”がない。だから、〇〇をつけよう!

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。今日は、バタバタしていて書けていなかった、先月25日のキャッシュフローコーチ協会の強化研修会での学びについてです。

かたちがないものを商品とするときに大切なのは、アレです!

行政書士に限らず、士業のサービスには“かたち”がありません。お客様にお渡しするものも、申請書等の控えだけということがほとんど。だから、「え、書類たったこれだけ?」「簡単にできそうだなぁ」と思われがちです。まぁ書類を作るだけなら意外と簡単かもしれませんが、そこに至るプロセスに、たくさんのノウハウや経験が詰まっていることが多いですよね。でも、お客様にはそれが伝わっていません。

そこで、あなたがやっていること・あなたのサービスに、きちんと名前をつけてあげましょう。こういうと、「建設業許可申請」とか「建設業許可サポート」といった内容そのものズバリな名前をよく見受けます。それでも良いのですが、できれば客様のベネフィットを意識した名前だとより良いでしょう。

例えば、建設業許可の申請を扱うのであれば、「建設業許可・書類にハンコを押すだけプラン」とか、古物商許可の申請を扱うのであれば、「古物商許可・来月には営業開始コース」とか、そんな感じです。そのサービスがどんなお客様を対象としているのか、そのサービスを利用するとどんなベネフィットがあるのかが伝わりやすくなりますよね?

あぁ、こうやって書いていて、改めて自分のサービスメニューを見直してみると、ネーミングがイマイチだなぁ…。僕も、自分のサービスの棚卸しと、そのネーミングをきちんと考え直します!!

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る