申請書に押してある印影をきちんと確認しよう

こんにちは。GATNJUKU代表のこばやしです。今日は許可申請と届出を複数持って都庁へ出向いたのですが、そのうち2件が受理されませんでした…。その理由がこれです。

押してある印が、過去のものと違う…

建設業許可をはじめ、許認可の申請においては、会社実印(法務局に登録されている代表者印)を捺印することが一般的です。しかし、会社で使用しているハンコって他にも色々あって、代表者印、使用印(認印)、銀行印、社判、契約印等々、呼び名も様々です。

捺印をもらうとき、「会社実印」をお願いしていても、使用印を押してしまうことだってあります。だって、人間だもの。

ただ、たまにあるのが、そもそも今までの申請に使用していたのが使用印で、今回押したのが会社実印、というケースです。建設業者さんに、会社実印を押すという認識がなかったわけですね。

こうなると、印鑑証明書をもらったり、ハンコを押しなおしていただいたりと、どうしても後手後手になってしまいます。

他県では申請の際に印鑑証明書を求めるところもあり、その場合には起きない問題ですが、東京都知事許可や大臣許可では特に注意する必要がありますね。自戒の念を込めてw

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る