関東地方整備局の経審が変わります・2

こんにちは。GATENJUKU代表のこばやしです。今日は、昨日の記事に続き、大臣許可(関東地方整備局管轄に限る)の経審の変更点についてお知らせいたします。

常勤性確認資料に名簿の通番記載が不要になる

現状、大臣許可の経審においては、技術職員名簿を若い順に並べるのがルールとなっています。これ、若年技術職員の評価を見るのには楽でいいのですが、申請者側からするとものすごく大変でした。

というのも、大臣許可では、技術職員を若い順に並べ、常勤性を確認する「標準報酬額決定通知書」には技術職位名簿の通番をメモ書きする必要がありました。これが2,30人ならまだしも、100人くらいになってくるとさすがに面倒くさいんですよね…。時間もかかりますし。

100人くらいになると、東京都でももちろん大変は大変なのですが、東京都では常勤性を確認するための「標準報酬額決定通知書」の順番に技術職員名簿を並べればOKなので、並べたあとのチェックがしやすいんですよね。

それはさておき、この大臣許可の取り扱いが4月から廃止になります!すなわち、もう通番を書かなくても良くなるということです!

これも昨日お伝えした変更点とともに、申請者の負担が減るので、朗報ですね!以前、関東地方整備局の担当官と話したときに「できることからやっていく」と仰っていましたが、申請書類の簡素化の第一歩と言えるでしょう。今後の情報も要チェックです!

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る