超レアな「執行役員のまま経管」が初めて認められました!

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。今日は、先月末に届いた嬉しいご報告をお知らせします。

事務所として、初めての実績はやはり嬉しい!

過去2回に分けて、

執行役員のまま、経営業務の管理責任者になる案件を準備中

「執行役員のまま経管」は行政書士と緻密な打ち合わせが必要

の記事で進捗をご報告していた”執行役員が取締役にならず執行役員のまま経管(経営業務の管理責任者)になる案件”が、無事に認定が下りる運びとなりました!

とりあえず、お客様が廃業しなくて済んだということでホッとしました。そして、やはり、初めての実績を作れたということがとてもとても嬉しいですね♪過去の記事でも触れたように、昨年の実績は18件しかない超レアケースですから、喜びもひとしおです。

どんなものを出したか?注意すべき点は?

気になるのは、その認定を受けるのにどんな資料を出したか?ではないかと思います。書類として必ず求められるのは、組織図、業務分掌規程、執行役員規程、取締役会議事録、候補者の略歴書、会社の登記簿謄本です。名前はそのものズバリでなくてかまいません。もちろん追加もありえます。場合によっては、決済書や稟議書も必要になることも。

そして、書類チェックのポイントですが、候補者が経営陣の直下にあって、工事に関して包括的に管理して責任を負う立場にあるかが重要になってきます。この「包括的に」というのが結構曲者で、工事についての一部分だけでは認められないので注意が必要です。候補者のポジションが工事に関する専門部署であり、他の部署では工事に関してタッチしていないことを示すのが、なかなか大変でした。

検討されている方の一助になれば幸いです。

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る