東京都知事許可と国土交通大臣許可のメリット・デメリット

こんばんは。GATENJUKU代表のこばやしです。先日お客様と打ち合わせをしたところ、知事許可と大臣許可のメリット・デメリットをまとめてもらえますか?と言われました。これって、このままブログのネタにもなるなぁと思ったので、ここに書くことでまとめたいと思います。

東京都知事許可と大臣許可の比較表

前提として、

  • 東京の本社以外にも支店や営業所がある。
  • 建設業はメイン業務ではないので、専任技術者の確保・育成が悩ましいところ

といったお客様です。知事許可については各県で取り扱いが異なるため、一概にどちらが良いとは言えませんが、ここでは東京都を一例として書かせていただいております。(青字の方がメリットが有るという判断です。)

東京都知事許可 国土交通大臣許可
 申請から許可が出るまでの日数  約30日  約100日
 経営経験・実務経験の証明の難易度  なかなか厳しい  意外と緩やか
 専任技術者が必要な数  1人で良い  営業所ごとなので最低でも2人
 許可取得後の見積り・契約
(これ見落としている人多いです。)
 本社でのみ可能  支店でも可能になる
 立入調査に当たる可能性  ほとんどない  そのうち来ると思った方が良い
 消費者からの一般的な印象  東京の業者さん? 全国展開している業者さん?
申請にかかる手数料 9万円 15万円

結局のところ、どっちもどっち。一長一短ですw

見栄で大臣許可を取得しても良いことはないですが、書類の状況等を考えると、大臣許可の方が申請しやすそうな気がするんだよなぁw

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る