建設業法の考えている「工事」を、きちんと理解してますか?

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。タイトルがなんだか禅問答かナゾナゾのようになってますが、間違っているわけではありませんw

工事であっても、建設業法上「工事」ではないものとは?

建設業法では、「工事」の定義は特に定められていません。第2条第1項で、『この法律において「建設工事」とは、土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう。』と書いてある程度です。また、広辞苑によると、『土木・建築などの作業』と書いてあります。そこで問題です。工事ではあるものの、建設業法にいうところの「工事」に該当しないものにはどんなものがあるでしょうか?

建設業は、土地や建物といった不動産の存在を前提としており、これらに加工を加えるなどして、落ちてきた価値を取り戻したり、新しい価値を付加したりするわけです。つまり、不動産についての工事が建設業の予定している「工事」ということができます。

例えば、宿泊できる客室の内装工事があったとします。それがホテルであれば「工事」ですが、豪華客船であれば「工事」ではありません。上で説明したとおり、前者は不動産ですが、後者は動産だからです。

同じ内容の仕事をしているのに、不思議な感じしませんか?作業内容が同じなのに、その対象物が違うだけで、かたや建設業許可が必要で、かたや建設業許可が不要になるというのは、今でも腑に落ちない気持ちがあります。

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る