東京都の建設業許可、新しい取り扱いについて

こんばんは。GATENJUKU代表のこばやしです。7日に、平成31年度の東京都の建設業許可相談員の説明会がありました。その中で、新しい取り扱いについて説明がありましたので、シェアします。

旧姓を登記している場合の取り扱い

平成27年2月27日から、商業登記簿の役員の氏名に旧姓も記録できるようになりました。もう丸4年も経つのですね、早いものです。しかし、実務上見たことがあるのは2,3回しかないので、あまり利用されていないのかもしれません。

それはさておき、この場合の取り扱いについて、東京都から指示がありました。

基本的に、申請書類には新姓(かっこ書きされていない方)で記載をすることになります。ただし、旧姓を併記していても消す必要はありません。

注意が必要なのは、写真下段の「役員等氏名一覧表」(東京都様式)です。これには、東京太郎さんと埼玉太郎さん別人として、つまり、新姓と旧姓を別人として2人分記載することになります。

東京都もこの取り扱いを早く周知したいだろうと思ったので、当ブログでもご紹介させていただきました。スムーズな申請や届出を心がけたいですね(^^)

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る