やはり建設業者さんには儲かってもらわないと!

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。4月下旬の建通新聞さんに興味深い記事が出ていました。

建設業界への入職者を増やす1番シンプルな方法

その記事では、平成30年間の建設業について様々な数字を紹介し、「経験したことのない激しい変化をたどった時代」として振り返っています。

1989(H1) 1999(H11) 2009(H21) 2018(H30)
許可業者数 51万者 58.6万者 50.9万者 46.5万者
就業者数 578万人 657万人 517万人 503万人
入職者数 52.2万人 55.1万人 32.1万人 26.8万人
年収 347万円 427.3万円 400.8万円 462.4万円
年労働時間 2198時間 2021時間 2028時間 2041時間
建設投資 73.1兆円 68.5兆円 42.9兆円 57.2兆円
公共事業費 7.3兆円 9.4兆円 6.4兆円 6.9兆円

※建通新聞平成31年4月26日号の記事より抜粋

パッとこれらの数字を見て、「やはりリーマンショックの影響は大きかったんだなぁ」と思いました。

2008年のリーマンショック後、建設業は景気後退の影響を大きく受けました。建設投資の大幅な減少がそれを物語っています。税収が減った影響もあり、公共事業費もかなり抑えられていますよね。これに加えて、2011年には東日本大震災もあり、2010年代前半は“試練”と“再出発”の時期でした。

そして、僕が注目したのは、「入職者数」の減少です。上の表でも、ピーク時の半分以下になってしまっています。記事では少子高齢化、人口減少を理由に挙げていますが、それは建設業界に限らずどの業界も一緒です。それよりも建設業界そのものの“あり方”に関わっているものと考えています。

リーマンショックの影響もあって、建設業界が2010年代前半に低迷していたのは事実ですが、今は比較的皆さん好調に推移していて、以前に比べればきちんと利益が出ている会社が増えています。上の表でも、労働時間が横ばいな部分は改善していく必要があるとしても、年収は増えているんですよね。

しかし、低迷していた時期の印象が強すぎるのか、「大変なわりに、儲からない仕事」という印象が色濃く残ってしまっている気がします。そこにはリーマンショックの教訓、先行きが不透明なことがあるのはもちろん承知しています。しかし、あえて言わせていただきたい。

建設業者さんにはもっと儲かってもらわないと困ります!

建設業界で働く人が、やりがいのある仕事を全うし、きちんと会社に利益をもたらし(ここ重要!)、納得の報酬得られるようにすること。そして、それを発信すること。これが建設業界への「入職者数」を増やす一番シンプルな方法です。

そのために自分にできることを、これからも考え、実践し続けていきます。

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る