建設業許可申請、「手引きに書いてある」ルールを疑う。

こんばんは。GATENJUKU代表のこばやしです。今日はお客様の新年会に参加させていただきました。毎年お声をかけていただくことが、なにより嬉しいですね(^^)

ローカルルールの洗礼と、スタッフの成長

今、岐阜県と北海道の知事許可を手がけています。実際に書類を作ってくれているのはスタッフMなのですが、行政やお客様とのやり取りを聞いていても、成長が感じられ、とても頼もしくなってきました。そのやり取りなんかを聞いていると、ローカルルールはやはりおもしろいなぁと思いつつ、なにを根拠に、どんな理由で、行政はそういうことを言うのだろう?と不思議で仕方がありません。

岐阜県知事許可は正本1部、副本2部提出で、副本もコピーではなくすべてに押印が必要とのことで、神奈川県や静岡県と同じ扱い。北海道知事許可は略歴書と調書には個人実印を求めるので、千葉県や静岡県と同じ扱い。

ん?そうなると、静岡県が一番面倒くさいってことか!?そういえば、静岡県は一部の書類を黄色い紙で印刷するように、という謎のルールがありました。これには笑ったなぁ。拒否しましたけどね。

あれ?なんの話をしてたんでしたっけ?w

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る