“力を抜く”ことで、本当に大切なことを思い出した

おはようございます。GATENJUKU代表のこばやしです。昨日は寝落ちすることなく令和カウントダウンを迎えることができましたw

改めて実感した「大切なのは、お客様目線」

令和元年5月1日となり、行政書士法人Co-Laboとなって、今日で丸1年となりました。“長かったような短かったような”という表現がまさにぴったりという感じの1年でした。

2つの事務所が一緒になるということで、うまくいかないことがあるのは承知の上でしたが、仕事の進め方ひとつとってもやっぱり違うもので、細かな違いが最初はストレスになり、頭を抱えることもありました。

それが一転し、うまく回り始めたのは、良い意味で“諦めた”からです。昨日ご紹介した坂本さんの言葉を借りれば、“力を抜く”ことができたのです。

合併当初は「1つの事務所としてこうしなきゃ」という気持ちが強かったり、共同代表とはいえ法人の代表となることへのプレッシャーがあったり、体制が変わったことでお客様が離れていく不安があったりしました。

しかし、色々なことを無理に統一するのをやめたのです。担当しているスタッフはスタッフで頑張ってくれていて、そのやり方でお客様も慣れているし、信頼を得ているのであればそれで良いと。

力が入りすぎていて、肝心なことを忘れていました。僕がどうしたいかというよりも、「大切なのは、お客様目線」。体制とともに、色々なことが変わってしまうというのは、お客様にとってもストレスになると気付いたのです。

「大切なのは、お客様目線」。当たり前のことだけど、自分が忙しかったり凹んでいたりすると忘れてしまいがちです。これも大事にしていきたいですね。

GATENJUKUの資料請求は、下のフォームに情報を入力して送信ください。

注意!:GATENJUKU主催セミナーのお申し込みは、本ページではなく受講申込みフォームから送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名・事務所名(開業前の方は「開業前」とご入力ください)

ご用件区分
経審セカンドオピニオン申込みGATENJUKUの資料請求その他のお問い合わせ

送付先住所(資料請求の場合)

メッセージ本文
(セミナー申込の方は「〇月〇日開催セミナー参加希望」等をお書きください。)

ページトップへ戻る